愛媛のインプラントは松木歯科クリニック。

インプラント実績・症例多数、最新の機器であなたに最適な治療法をご提案します。

インプラント愛媛TOP > 一般歯科治療・口腔ケア > 一般歯科 > 欠損補綴(入れ歯)

一般歯科

■総義歯・局部床義歯

健康保険の適応になる義歯にも最新の製作方法で適合の良い義歯を作っています。もっと精度のいい義歯を作るために、義歯の床用アクリルレジンの重合特性を完全にコントロールした高精度のDSシステムで作成しています。このシステムを使うことにより、従来の方法に比べて格段に適合精度が良くなりました。

ページトップ

■金属床義歯(総義歯)

通常の総義歯はプラスティックで作られていますが、口蓋(上あご)の部分を薄い金属で作った義歯もあります。プラスティックに比べると約5分の一の厚みになり、口の中が広く感じられます。食べ物や飲み物の温度感覚も良く伝わり、自然に近い味覚が味わえる様になります。またチタンで作られた義歯はより生体親和性がよく、軽くて、アレルギーの心配もほとんどありません。

ページトップ

■コーヌスクローネ(コーヌスデンチャー)

残っている歯の形を整え、それに金属で出来た内冠を作りかぶせます。その内冠にぴったり合うような外冠を作り新しい入れ歯を固定します。内冠と外冠のお互いの摩擦力(楔効果)によってがたつきのない義歯を作ることができます。
従来の義歯はバネで固定していたため、食事中に動いて噛みづらい事もありましたが、コーヌスデンチャーでは内外冠でしっかり固定されていますので、義歯の動きはきわめて少なく、違和感も少なく装着感にすぐれ、バネが見えないために審美性にもすぐれています。また取り外しが出来ますので、清掃性もよく残存歯のメンテナンスも容易にすることが出来ます。コーヌスデンチャーの修理が必要になった場合も比較的簡単に対応できます。
しかしながら、健康保険の対象にならないので自費診療になります。構造が複雑になり精密な技工操作を必要とされるため、製作に多少の日数がかかります。

ページトップ

■フレキサイトデンチャー

通常は局部床義歯の場合残っている歯牙にバネをかけて義歯を固定しますが、特殊な義歯の作り方で、ばねのない義歯を作ることができます。普通の義歯の場合より軟らかい特殊なプラスティックを使った義歯です。

前に戻る ページトップ