愛媛のインプラントは松木歯科クリニック。

インプラント実績・症例多数、最新の機器であなたに最適な治療法をご提案します。

インプラント愛媛TOP > インプラント > 難症例への対応

難症例への対応

歯の欠損している部位の骨が吸収していて、通常の方法ではインプラントの埋入が難しい場合も、様々な方法でインプラント治療ができる様対応しています。

■GBR(Guided Bone Regeneration)

吸収性・非吸収性メンブレン(特殊な膜)、移植骨や骨補填材を用いることにより、骨の足らないところに骨再生療法を行います。

■リッジエクスパンジョン(Ridge Expansion)

骨の幅が狭い場合に、骨幅を拡大する事によってインプラントの埋入を可能にします。

■サイナスリフト

上顎洞との骨の厚みの非常に薄い場合、頬側からアプローチする方法で移植骨や骨補填材を転入、上顎洞内に骨再生を図りインプラントが出来るようになります。

■ソケットリフト

上顎洞までの骨の厚さが少ない場合、歯槽頂からアプローチして移植骨や骨補填材を転入する事により、インプラント先端周囲の骨再生を図り治療です。

※詳しくは症例をご覧ください

前に戻る ページトップ